青汁のデトックス効果で血液をきれいにし、身体の内側から美しくなれます。また新しいタイプの青汁も登場するなど、青汁は今後も進化していくことが予想されます。

健康維持のために青汁を飲むことはもはや一般的になってきています。また腸内環境を整える乳酸菌や肌にハリとツヤを与えるコラーゲンを配合するなど、機能性を充実した青汁も登場してきています。ところで青汁にはどのような効果があるかというと、まず第一にデトックス効果で血液をきれいにする作用があります。青汁には普段食事から摂る野菜の栄養成分が凝縮されていますので、スティック1本あるいは1袋摂取するだけで1日に必要なビタミンやミネラルなどの栄養素を50%から100%取り入れることができるのです。

ところで青汁にはいろいろなタイプのものがありますが、最近ではサプリメントなどの固形の青汁も登場しています。粉末や液体の青汁とサプリメントタイプの青汁にはいったいどのような違いがあるのでしょうか。それは青汁の成分の違いにあります。粉末や液体の青汁の場合は飲みやすくするためにあえてクセの強い野菜を少な目に配合したり、あるいはまったく配合していない商品もあります。また緑茶風味にしたりハチミツで甘く味付けをしたものも少なくありません。それに対してサプリメントタイプの青汁の場合は味に工夫をする必要がありませんので、栄養価が高く身体によいにもかかわらず味にクセのある野菜でも豊富な量で配合することが可能になります。さらに水に溶かす手間も省けますので、いつでもどこでも水や飲料さえあれば手軽に飲めるというメリットもあるのです。このような事情から最近ではサプリメントタイプの青汁を愛用する人も増えてきています。とはいえ、粉末状の青汁の場合は子供にも高齢者にも飲みやすく、料理や飲み物に混ぜることもできますのでこちらを愛用している人も少なくありません。特に子供の場合はおやつに青汁を利用することで、美味しく身体によい栄養分を摂取することができます

さてこのようにいろいろなタイプの青汁が登場してきているのですが、青汁の主原料には大麦若葉やケール・明日葉などがあります。いずれの野菜にも通常の野菜に比べるとビタミンやミネラル・カルシウムやカリウムなどがより豊富に含まれています。そしてこれらの3つの野菜に豊富に含まれている共通した成分がクロロフィルです。クロロフィルとは葉緑素とも呼ばれるもので、クロレラやスピルリナなどの藻に豊富に含まれている健康と美容に有効な成分です。クロロフィルが体内に摂取されると血液中で鉄と結合し、赤血球のヘモグロビンなどの色素に変わります。そして血管内の悪玉コレステロールを吸着することで血液の流れを正常化する働きをするのです。

また体内に侵入したダイオキシンやカドミウム・鉛などの有害物質を吸着して排出する作用で、体内の毒素をデトックスして血液を浄化する作用もありますので、身体の内側から美しくする効果を発揮します。まさに青汁は健康と美容にうってつけの健康食品と言えます。

b-j (65)さて、このように健康と美容に効果の高い大麦若葉やケール・明日葉などが主成分の青汁が現在多く流通していますが、最近では新しいタイプの青汁も登場するようになりました。それは今注目を集めているユーグレナを配合した青汁です。ユーグレナとは別名ミドリムシと呼ばれるもので、植物のように光合成を行う葉緑素を作り出す一方で、動物のように鞭毛が生えていて動くことができるという地球界で唯一の生物と言われています。ユーグレナには大麦若葉やケール・明日葉と同じようにクロロフィルが豊富に含まれているほか、植物には含まれていない動物性のタンパク質やアミノ酸などが豊富に含まれています。青汁は従来、野菜不足の人のための栄養補助食品として幅広い人に愛用されてきましたが、ユーグレナの青汁が登場することで植物性と動物性の栄養素を同時に摂取できるようになったのです。ユーグレナの青汁は野菜不足の人にはもちろん、食が細くなった高齢者や疾患で体力が低下している人、あるいはダイエットなどで栄養不足になっている人にもおすすめの健康食品です。ちなみにユーグレナは敷地面積の油脂生産量が多いことから、次世代のバイオ燃料としても注目を集めています。

以上のことから見ると青汁は飲みやすいようにしたり、あるいは栄養素をより多く摂れるよういろいろ工夫されてきた健康食品で、これからも進化していく栄養補助食品であるといえます。現在では実に多くの種類のサプリメントやドリンクなどが市場に出回っていますが、これからはさらに健康と美容に効果のある成分が発見されて、また新しいタイプの青汁が登場することも予想されます。

Comments are closed.